誰にも言えない「おりもの」の悩みをこっそり解消!

「おりものなんてこの世から無くなればいいのに!」
…ですよね。

その気持ち、よ~くわかります。
そんなあなたのために産婦人科医の私が、おりものの悩みをスッキリ解消する方法を教えます。

  • おりものが多くて温泉やプールが怖い…
  • おりものの色がいつもと違う。これって病気?
  • おりものの臭いが気になって恋愛に消極的

もう大丈夫。
今、あなたが悩んでいることは、ずっと昔から他の誰かが同じように悩み、解決できたことばかりなのですから。

おりものの悩み。みんなどんなことで悩んでいるの?

(株)エムティーアイ/女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』アンケートより

Q1私のおりもの、ちょっと不安って思ったことある?ある82%ない18%

Q2おりもので不安なのはどんなこと?量30%ニオイ28%色26%状態15%

Q3おりものの異変を感じたのはどんなとき?性交後24%疲れ19%ストレス18%体調不良16%生理後12%

みんなが感じているおりものの異変ってどんなの?

量が多い 20%
ピンクや茶色の色 16%
陰部のかゆみ 14%
酸っぱいにおい 13%
ネバネバしている 12%
ポロポロしている 11%
生臭いにおい 10%
緑色で膿状 3%
その他 1%

おりものっていったい何?なぜ出てくるの?

おりものは下着が汚れるし、臭いが気になるし、とにかく不快なもの!という風に思っている人が多いのではないでしょうか?
しかしおりものは決して不快なだけのものではありません。
おりものがでると憂鬱になるかもしれませんが女性にとって健康のバロメーターにもなる、とても大切なものなのです。

おりものって何?

おりものは、元々「おりてくるもの」の意味です。
体の中にある、子宮、膣からの分泌物が混ざりあったベタベタと粘性のある液体のことです。

おりものは恥ずかしいものや不衛生なものではなく、成熟した女性なら誰にでも当たり前にあるものです。
色は透明、白っぽい、黄色っぽかったり個人差があります。
またホルモンのバランスによっておりものの量は増減します。

おりものって何でできてるの?

織物は性器の分泌物の集合体です。

  • 子宮内膜の分泌物
  • 子宮頸管の分泌物
  • 膣壁からの分泌液
  • 古い細胞
  • バルトリン腺や皮脂腺、汗腺からの分泌物

などが混ざりあった物質です。

おりものが気になったらどうすればいいの?

おりものが出て下着が汚れる時にはおりものシートを使いましょう。
おりものの変化が気になるという場合には、まずしっかり休息を取ってください。

疲れやストレスが溜まるとホルモンバランスの変化でおりものに異常が出ます。
様子を見ても改善されない場合や、明らかな異常がある場合には産婦人科を受診して検査を受けましょう。

おりものって何かの役に立っているの?

おりものの役割

おりものには膣に雑菌が入るのを防ぎ、清潔に保つという役割があります。
また膣内部のうるおいを保つことで粘液を守ります。
膣内部に入り込んだ汚れを排出する働きも担っています。
排卵時にはおりものがゼリー状に変化することで、精子が卵子に到達しやすくする働きもあります。

おりものを見れば健康状態がわかる

古代中国では産婦人科は「帯下(たいげ)医」と呼ばれていました。
帯下、つまり女性の体から出てくるおりものを見て女性の健康状態を判断していました。
私達もおりものを見れば健康状態が分かります。

しかし、おりものには個人差があり、更にホルモンバランスの変化でその時々で色や匂い、形状に変化があります。
風邪などで抵抗力が落ちると一時的に増減することもあります。
あまり気にしすぎないようにしましょう。

明らかに異常がある場合は?

  • 量が多すぎる
  • 鼻を刺激するような強い匂いがある
  • 泡立っている
  • 見たこと無い色をしている

…など、おりものに明らかな異常がある場合には病院で検査を受けるようにしましょう。