おりものの量ってどれくらいが普通なの?判断の基準は?

おりものは女性なら誰でも分泌されるものです。
生理が始まる年齢になるとおりものが分泌されるようになり閉経と共に量が減っていきます。

おりものの量は20~30代が最も多くなるといいます。
これはおりものが精子が卵子に届くのを助ける働きがあることから人間が最も生殖に適した年齢である頃に多くなるからです。

しかしおりものの量には個人差があります。
多い人もいれば少ない人もいます。
体質的に沢山分泌される人がいれば、ほとんど気にならない人もいます。

では何を基準におりものの適正量を判断すれば良いのでしょうか?

他人とおりものの量を比較するということはできませんから、そもそも自分のおりもの量の正常値を把握することは難しいです。

「排卵日付近に1日あたり何ccのおりものが分泌されたらおりもの過多である」という定義はありません。
あったとしても、計測できるわけではないので意味をなしません。

おりものの量を判断する一つの基準といえばおりものシートの汚れです。
量が多い場合でも、おりものシートを正しく使用して下着にはみ出さないくらいの量であれば心配いりません。
正常の範囲内と言えるでしょう。

おりものシートをしていても足りない、生理ナプキンを使わないとおりものをカバーしきれないという場合には、何かしらの異常が起きている可能性があるので婦人科で相談して検査を受けてください。

おりものの量は周期的に変化する

おりものは膣内や子宮内部から出る分泌物液です。
女性ホルモンの影響を受けるので量も周期的に変化します。

生理直前~卵胞期前半

この期間はおりものの量が最も少なくなります。
おりものが出てもさらっとした液体です。
生理直後には体内に残った経血が混ざって茶色、赤褐色になることもあります。

卵胞期後半~排卵期

排卵に向けて徐々におりものが増えていきます。
排卵期はおりものの分泌量がもっとも多くなります。
この期間のおりものは卵の白身のように、どろっとしています。
これは精子が卵子に到達しやすいようにしているのです。
色は透明~半透明のことが多いです。

黄体期

排卵日がすぎるとおりものの量も少しずつ減ります。
この期間のおりものは量が少ないものの粘り気があり、白く濁っていることが多いです。

生理直前

生理直前になると再びおりものの量が増えてきます。
同時に臭いが強くなることもあります。
生理直後同様に血液が少量混ざることもあり茶色、赤褐色のおりものが出ることもあります。

おりものの量が増えない時

排卵日や生理直前になってもおりものが増えない場合にはストレスや疲労が原因になってホルモンバランスが乱れている可能性が高いです。
しっかり休んでホルモンバランスの乱れを整えましょう。

また風邪などで免疫力が低下することでもおりものの量が減ることがあります。
生理が周期的に来ていれば問題ありませんが生理周期も乱れている場合には注意が必要です。

おりものの量が少ないのですが…私って異常?

女性の体は女性ホルモンの影響を受けています。
おりものも女性ホルモンの影響を受けているので、一定の周期で変化を繰り返します。

10代の頃はホルモンの分泌量も少ないため、おりものの量も少なくなります。
20代30代と女性が成熟した年齢に達する頃、おりものの量が最も多くなります。
そして40代を超えると女性ホルモンの分泌量が再び減るため、おりものの量も減少していきます。

月の中でおりもの量は変化する

おりものは女性ホルモンの増減によって変化します。
排卵日付近は精子が卵子に到達するのを助けるためにおりものはゼリー状になり、量も多くなります。

反対に生理が終わった直後~排卵前にはおりものの量が減ります。
1ヶ月の中でおりもの量が増減するのは正常なことなので心配いりません。

排卵誘発剤で少なくなることも

不妊治療中で排卵誘発剤を服用していると、人によってはおりものの量が減ることがあるようです。
気になる場合には主治医に相談してみましょう。

加齢とともに減るのは正常

閉経に向けて年齢を重ねるごとにおりもの量は減っていきます。
40代以降、おりものの量が減るのも正常なことです。
あまり心配する必要はありません。

生理が順調に来ていますか?

おりものの量には個人差があります。
分泌液の集合体なので、多い人もいれば少ない人もいます。
頸管粘液が減少していることもありますが、膣の形状の影響で外に出にくい人もいます。

おりものの量が少ないのは特に心配なことではありませんが、生理が順調に来ているかどうかは確認しなければいけません。
生理が周期通りに来ているなら特に心配はないでしょう。